So-net無料ブログ作成

Premiere Proをセットアップしてみました。 [素材アーカイブ]

手元にあるPremiere pro CS6でキャプチャが出来ないか、BMD社のIOと繋いでみました。現有の機材だと対応ドライバとPremiereバージョンが一致する組合せがなく、これが原因かどうか判らないのですが、案の定不具合が。

IMG_2605.JPG


症状として・・


・環境設定メニューから再生デバイス先を繋いだIOに設定するも、映像音声が出力されません。


・Premiere単体時では問題がなかったのに、Desktop Videoインストール後は、再生ボタンを押してもタイムラインや読み込んだクリップ再生が機能しません。


・バックグランドで起動中の他アプリから、Premiereに戻ろうとすると、毎回ビーチボールマークが出て操作できるまで約10秒を要します。


・参考までに組合せ環境→MacOSX10.10.5・BMD社ULTRA STUDIO 4K(ドライバ Desktop Video 10.6.8) 

CS6を公式サポートしている古いドライバに落せば、最近のMac OSには対応しておらず、orz。


そして、何故かキャプチャ時だけは、モニタ出力もONになって、デッキからの映像を取り込むことが出来ます。

でも、キャプチャで取り込めるファイル形式が少なすぎ・・。非圧縮は重すぎるし、DVC PRO HDでは役不足。Mac版Premiereでのテープキャプチャでは実質、ProResしか選べません。Win版ではどうなんでしょう?。試しに関連の他コーデックを入れてみましたが、選べるファイル形式は増えませんでした。

001.jpg


今回のテストは、実は当方で預かっていた大量のDVカセットをHDファイル化して返却するのにあたり、簡便にXDCAM422のMXF形式へ記録出来ないか、という目的があって試したものです。独自コーデックを持たないPremiereならと期待したのですが、XDCAM形式のキャプチャには元々対応してないことが判って残念です。

いつも、使っているAvidのMedia composerでは、XDCAM形式のキャプチャが可能ですが、独自のフォルダに一括収録されてしまう仕様上、受け渡しのために単体ファイルを作るには、どうしても後で書き出しが必要になりますんで。ところで、なぜXDCAMかというと、それはまた今度。

IMG_2606.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。