So-net無料ブログ作成

新タイトルの制作進行中 [Terapro@Directアナウンス]

タイトル名は、もう書かなくても判られると思いますが(笑)。昨日2日、JRさんの車両基地へ車両撮影に出向かせて頂きました。583系寝台電車、「月光形」といえば鉄道の興味のない方でも、ご年配諸氏であれば写真から「ああアレね」とスタイルに見覚えのある電車かと思います。
同車は今のように、新幹線網が列島を張り巡らすように発達することが、まだ夢の時代だった1969年(昭和43年)にデビュー。南は名古屋・京阪神から九州へ、北は東京からは東北方面・青函連絡船を介し北海道への足として走り、また昼間は特急、終着で折り返し夜間は寝台列車と24時間フルに活用された車両でした。


DSC00008.jpg

現在はJR東日本に1編成6両、西日本に3編成30両と、最盛期を知る者にとって寂しい陣容ですが、同車のあらましから、現在の活躍までを収めた記録作とする予定です。

DSC0022.JPG

ところで、今回の撮影では、3月に行う予定でした。実は「のぞみ」「はやぶさ」を乗り継ぎ、当時の車両配置先、仙台へ赴く手はずだったんですが・・・。撮影時間は13時から15時。もし、あと5日早かったら、どうなっていたことでしょうか。
刊行の延期やむなしでしたが、今回、3日に団体ツアーの「はつかり」号(上野→青森)が運転されることになり、前日朝には、配置先の秋田から上越線周りで尾久の車両センターへ回送されてくる由。この間合いを利用して撮影させて頂けることになり、ようやく収録を終えることが出来ました。これを書いている今日、列車は上野を9時に出発、多くの参加者を乗せて東北線を北上中。青森に着くのは20時過ぎ、という昔を楽しむツアーです。

DSC00005b.jpg

ハイライトは座席から寝台への転換でしょう。写真ではわかりにくいシーンも動画であれば一目瞭然でお見せできると思います。作業は手間がかかる上、今はセットが出来る区所が限られているそうです。
今回は基地の担当者様にお願いして、1区画だけを実演して頂きました。

DSC11030.jpg

こちらは、同じ583系でも急行「きたぐに」用のJR西日本車で、内装のカラーリングが異なりますが、寝台を全部セットすると、このようになります。(撮影場所 京都総合運転所 協力JR西日本)

DSC00243.JPG

本編では大阪ー新潟を結ぶ「きたぐに」を追ってのシーンも収録予定。静粛性の優れた深夜の583系車内では、テープが回る音でさえ気になります。同乗撮影では夜行列車なので物音を立てないよう、細心の注意を払うという撮影許可条件下の元、サブ機のP2小型カメラ(AG-HPX175)を使いました。

沿線走行も、もちろん夜中の撮影。別件撮影の道中、宿泊先を抜けて撮ったりで、ちょっと辛い撮影でしたが、こちらも、あと数箇所を残すのみ。本格的な厳冬期前に済ませてしまいます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。