So-net無料ブログ作成

限界点を探る [映像編集]

市販プレスを前提にしたBDオーサリングもうまく運んだので、色々と展開を模索しております。今日は1層25GBのBDに何分くらいまでの収録時間までなら、商品として通用するかのテスト。同じ素材を異なるビットレートでエンコードしたディスクを同時再生して見比べていきます。
DCIM0009.JPG

左右のモニターはRGB信号のうち赤、緑をカットの上、残った青を白黒にして表示できるモードに切り替えています。ブルーオンリー機能という業務機独特の機能でして、通常では見えにくい映像のバックグウンドに載っているノイズも容易にわかります。試してみた結果は良好で、かなりの時間を収録出来ることが判りました。今後、モノによっては2枚組のDVDと価格逆転というケースもありえそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。